技術アドバイザー紹介

腐食防食工学(ステンレス鋼の局部腐食)/化学・食品プラント/材料選定

腐食・防食の専門家

ステンレス鋼の局部腐食の専門家

工学博士
技術士(金属部門)
腐食防食専門士

経歴

 1961年 大手食品会社入社
     化学・食品・バイオプロセス装置材料の腐食・防食に関する研究に従事
     (定年退職まで継続)
 1992年 同社 生産技術研究部門 主席研究員(部長待遇)
 2000年 同社定年退職
 (学会等における活動)
  ・北海道大学工学部 非常勤講師(元)
  ・(一社)日本防錆技術協会 防錆技術学校講師(現)
  ・他、(公社)腐食防食学会,(公社)化学工学会,米国腐食技術者協会,
   (財)エンジニアリング振興協会,ステンレス協会,(社)日本能率協会,
   (社)日本材料学会,日本工業標準調査会,厚生省生活衛生局にて、
   委員会委員・専門委員等を歴任

専門分野

腐食防食工学(特にステンレス鋼の局部腐食),化学・食品装置材料

セミナー・講演等実績

 The Critical Potential for Growth of Localized Corrosion of Stainless Steel
 in Chloride Media – The Nature of the Autocatalytic Dissolution at the Local Anode,
 材料と環境2015,2015.5.18,(東京)
 その他多数

著書・論文等実績

 (著書)
  ・防蝕技術,地人書館(1996).(共著)
  ・防蝕技術[第2版], 地人書館(2002).(共著)
 (学術論文)
  ・電気防食によるステンレス鋼の孔食防止(共著)
   防蝕技術, Vol.17, No.4, 154~157(1968).
  ・オーステナイトステンレス鋼の孔食生長過程とその防止(共著)
   防蝕技術, Vol.18, No.3, 100~103(1969).
  ・マクロセルを分離した応力腐食割れの試験法(共著)
   化学工学, Vol.35, No.11, 1224~1228(1971).
  ・ステンレス鋼のすきま腐食におよぼす絶縁材のイオン交換膜的性質の影響(共著)
   防食技術, Vol.23, No.2, 85~90(1974).
  ・カソード防食によるステンレス鋼の応力腐食割れの防止(共著)
   防食技術, Vol.29, No.4, 176~179(1980).
  ・耐食合金溶射皮膜の塩化物溶液中における腐食特性(共著)
   材料と環境、Vol.43, No.12, 688~694(1994).
  ・連続培養培地中における硫酸塩還元菌の代謝と炭素鋼の腐食挙動(共著)
   材料と環境, Vol.46, No.8, 498~504(1997).
  ・Zn, AlおよびZn-Al合金溶射皮膜の耐候性(共著)
   材料と環境、Vol. 51, No. 9, 404~409(2002).
   その他、21編

技術のアドバイスが欲しいあなた! 技術アドバイザーをお考えの方!

  • お問い合わせはこちら
  • 技術アドバイザー登録

TEL. 06-7176-7888 平日9:00~18:00