技術アドバイザー紹介

製銑反応プロセス(流動層・竪型炉・室炉・焼結機)/新エネルギー

NO IMAGE

各種粉粒体反応プロセスの生産性向上やコスト削減等に長らく従事し、国内外で技術指導を行っている。さらに技術開発の創造性にも興味を持っている。

工学博士
技術士(金属部門)
第1種放射線取扱主任者
X線作業主任者
第1種大気公害防止管理者
ダイオキシン類関係公害防止管理者

経歴

 1959~1995年 大手鉄鋼メーカー・同グループ化学メーカー
      直接製鉄技術,高炉製銑技術開発,室炉技術・液化油技術調整に従事
 1996~2001年 台湾・中国での製銑技術短期技術指導
 2001~2005年 日本技術士会調査委員会で地球環境技術調査
 2008~2010年 新エネルギー技術,爆発火災事故原因調査
 1999~2011年 都市ごみ焼却灰処理技術技術指導
 2010~2016年 区立小学校支援本部運営に従事
 1996年~    技術開発における創造性に関する調査研究に従事

専門分野

 ・製銑反応プロセス(流動層,竪型炉,室炉,焼結機)開発・改善
 ・新エネルギー技術・地球環境技術調査
 ・創造性開発研究

セミナー・講演等実績

 日本鉄鋼協会,日本金属学会シンポジウム,日本創造学会,
 学校等での講演 その他

著書・論文等実績

【論文】
 ・直接製鉄法発表2件,高炉製銑法関連論文(27件)
 ・石炭液化技術,創造性関連(論文3件 (1995-2005))
 ・地球環境調査報告(3件:2001-2005)
  循環型社会形成,CO2削減方策,温室ガス削減補完技術
【著作】
 ・「技術の環境と着想・発展」(2006) (冬至書房)

受賞歴

 ・日本鉄鋼協会俵論文賞
 ・AIME J.S.Kapitan Ironmaking Conference Award
 ・黄山友誼賞受賞

技術のアドバイスが欲しいあなた! 技術アドバイザーをお考えの方!

  • お問い合わせはこちら
  • 技術アドバイザー登録

TEL. 06-7176-7888 平日9:00~18:00