技術アドバイザー紹介

設計管理・品質保証のコンサルタント

機械工学に関する技術力と品質保証の業務経験を活かし、貴社の品質改善・収益確保に貢献いたします。

技術士(機械部門)
米国 Fundamental of Engineering
品質マネジメントシステム審査員補
QC検定2級
Root Cause Trainer(Westinghouse)
EMS/OHMS審査員研修修了(LRQA)

経歴

1984年 武蔵工業大学 工学部機械工学科 卒業
1986年 東京工業大学大学院 理工学研究科 生産機械工学専攻 修了

1986年 大手総合電機メーカー入社     
     プロジェクト部門にて、原子力発電所の建設に関するプロジェクト業務に従事
 1991年 設計部門 主務     
     原子炉圧力容器や制御棒駆動機構、使用済み燃料ラックなどの原子力関連機器、     
     超音波探傷設備など機器の設計業務を担当     
     中性子による原子炉圧力容器の脆化評価の研究開発に従事
 2000年 品質保証部門 グループ長(課長)     
     原子力発電所の設計・機器製造・建設全般にわたる品質保証・品質管理を担当
 2012年 工場部門 品質担当部長
     原子力関連機器の設計・製作・据付に関する品質保証・品質管理を統括  
2016年 非破壊検査・品質管理検査を行うグループ会社へ異動
     品質責任者として同社の品質保証・品質管理全般を統括
2020年 技術・品質のコンサルティング業務を開始

専門分野

品質保証・品質管理(QMS構築・維持、検査技術等)
不適合要因分析(FTA、なぜなぜ分析、時系列分析等)
生産技術(溶接、機械加工等)
超音波検査技術(超音波発信子、検査装置開発)

技術のアドバイスが欲しいあなた! 技術アドバイザーをお考えの方!

  • お問い合わせはこちら
  • 技術アドバイザー登録

TEL. 06-6152-9699 平日9:00~18:00