コラム

既設工場・生産設備を活用した多角化戦略

2016.02.28

こんにちは、技術継承.comの福井です。

最近お客様から、技術アドバイザー・技術顧問サービスについて、
お問い合わせが増えてきました。

弊社の拠点は大阪ですが、関東からのお問い合わせもあり、
出張による打合せも多くなりました。
逆に、関西のお客様であっても、対応できるご専門の方が
近くにおられない場合は、地域に関係なくご出張頂いています。
先週も、お客様との打合せのために、茨城県にお住まいの
技術アドバイザーの方に、飛行機で大阪まで来て頂きました。

現在の技術アドバイザー登録数は80名を超え、
対応できる技術分野は多岐にわたります。
しかしながら、お客様のご要望に完全にマッチした方を
ご提案できるケースはまだまだ少ないです。
それだけ技術分野は細分化されており、
ピンポイントで専門家を探すことは困難ということです。
今後は、少なくても1000名規模でご提案できる
体制づくりが急がれますね・・・(焦)。

お客様がご要望する技術支援内容は、
ものづくりにおける工程上の品質改善や要素技術に
関するものが比較的多いです。

しかし、先日は初めてのご要望内容として、
「既存工場や生産設備を活用した多角化戦略のための
技術的なアドバイスが欲しい」
とのお問い合わせを頂きました。

このようなご相談に対しては、
1つの業界や技術分野だけに詳しい方では
簡単には対応できません。
幅広い製品や業種・業界をご経験され、
さらに機械設備や工場などの生産ラインに関しても
深い専門知識と経験が必要となります。
また、可能性のある市場の把握も大切です。

この案件に一緒に打合せ頂いた技術アドバイザーは、
正に数多くの製品・業界の技術コンサルタントをご経験され、
今回の内容に適した方でした。
アドバイザーの方は、次々とお客様に質問し、
経験で得られた数多くの引出しから必要な知識を選択し、
適切な提案をされておられました。

本来であれば、私がお客様のご要望を整理し、
技術アドバイザーの方に情報提供するのですが、
このようなハードルの高いご要望に対しては、
お客様とアドバイザーの方が直接打合せするのが
最も効率的です。
今回のお客様に対して、今後どのようなかたちで
ご支援ができるか、本当に楽しみです。

そしてこの打合せによって、1つの技術に特化したご支援だけでなく、
多角化戦略や新規参入にあたり、
「既存の工場や生産設備をどう活用していくか」
と言った課題に対しても、技術アドバイザーの
価値が発揮できることがわかりました。

技術アドバイザー・技術コンサルタント・技術顧問と
いっても、ご支援できる内容は様々です。
今後も、潜在的なシニア技術者の活躍の場面を発掘し、
企業を超えた技術継承活動を進めていこうと思います。

 

技術継承.comとはへのリンク画像

技術のアドバイスが欲しいあなた! 技術アドバイザーをお考えの方!

  • お問い合わせはこちら
  • 技術アドバイザー登録

TEL. 06-7176-7888 平日9:00~18:00