コラム

シニアの新たな働き方・・・ライフスタイルにあった経験の活かし方!

2015.05.06

こんにちは、「技術継承.com」の
運営をしています福井です。

最近「高度プロフェッショナル制度」
話題になっています。

働いた時間ではなく、成果に対して
報酬を決定する制度ですが、
労働基準法の改定案が国会へ提出され
具体的に動き出してきました。

実は私も、無駄な残業や費用を生んでしまう
「時間に対する報酬」には違和感を持っており、
「成果に対する報酬」の賛成派です。

この制度に対しては、雇用の面、労働の面、収入の面など、
多角度的に様々な意見があるかと思います。

この「高度プロフェッショナル制度」における
「高度な専門的知識の活用」は、定年リタイヤされた
シニア技術者の働き方に大変マッチしています。

政府は、もちろん定年前の現役の労働者を
想定しての制度と思いますが、
「時間に関係なく、成果に拘った報酬」は、
組織に属さず、時間に縛られない、
経験豊富なシニアの方にとって、
大変有利な働き方だと感じています。

ご自身のライフスタイルに合ったかたちで、
月に数回、ご自身の得意な分野について
アドバイスをして収入を得る・・・。

また、そのアドバイス内容は、
専門性が高ければ高いほど価値があり、
短時間で多くの収入が得られます。

書物の写真

 

 

 

 

 

 

 

 

「専門性」という切り口では、
医者や士業、技術者・研究者が
比較的適正があるのだと思います。

医者や士業は、医師や弁護士,税理士
といった業務独占資格があり、
生涯その職業を続けることが出来ます。

しかし、技術者の最高峰と言われる技術士は、
業務独占資格ではないものの、表記に挙げた
職業に匹敵する価値があると思います。

技術士に限らず、高度な専門をお持ちのシニア技術者には
その価値を生涯にわたって存分に発揮して頂きたい・・・。

ぜひ、生涯エンジニアを実現できる場として
「技術継承.com」を活用して欲しいと思います。

「好きな時に、好きな場所で、好きな分だけ、
  得意な専門性を高い価値で提供する」

まさに、シニアのライフスタイルにあった
新しい働き方です。

私は、このようなシニアの働き方を通じて、
長い経験によって得られた豊かな知見や英知を
後世に継承できる仕組みを創っていきたいと
考えています。

 

技術継承.comとはへのリンク画像

技術のアドバイスが欲しいあなた! 技術アドバイザーをお考えの方!

  • お問い合わせはこちら
  • 技術アドバイザー登録

TEL. 06-7176-7888 平日9:00~18:00