技術アドバイザー紹介

合成ガス製造・石油化学(エチレン・DMEなど)のプロセス設計/分離技技術

合成ガス製造の専門家

数々のプロセス開発業務を経験し、それらプロジェクトで培った問題解決能力で、プロセス開発でお困り案件について、お手伝い、応援したいと思います

技術士(化学部門,総合技術監理部門)
APEC(Professional Engineer)
IPEA(Prosessiona Engineer)
リスクマネジャー
(CRM/Professional PM/ PRM/ PMCO)

経歴

 1970年 エンジニアリング会社 入社
     プロセス設計業務およびプロセス系ソフトウエア開発業務に従事し、
     原子力製鉄プロジェクトにプロセスエンジニアとして参加。
 1977年 マサチューセッツ工科大学ビジティングエンジニアでASPENシステムの開発に参加。
 1979年 帰国後、エンジニアリング会社に復職し数々の開発型プロジェクト
     (石炭液化大型プロジェクト,オイルシェールプロジェクト,溶融塩燃料電池プロジェクト,
     13Cメタン分離精製開発プロジェクトなど)にプロセスエンジニアとして従事。
 1995年 ナイジェリアエチレンプラントのスタートアップスパーバイザー担当
     数々のエチレンプロジェクトのプロポール作成,顧客との交渉など経験し、
     また、ラスラファンLNG FEED業務にプロセスマネジャーとして従事。
     その他、数々の石油化学プロジェクトにシニアプロセスエンジニアとして参加。
 1999年 技術営業に異動し,グループマネジャーとしてテクニカルセールス業務に従事。
 2001年 製鉄系エンジニアリング会社へ移籍
     DMEプロジェクトに参画。商業化プロジェクトのエンジニアリングマネジャー担当。
 2007年 国際メジャーオイル東京事務所に技術顧問として移籍
     日本技術の紹介や産学,産産共同研究のアレンジ業務
 2013年 技術士事務所 開設

専門分野

 合成ガス関連,エチレンなどの石油化学プロセスの設計及びエンジニアリング,
 熱分解炉,ガス化炉などのエンジニアリング

セミナー・講演等実績

 ・エンジニアリング協会主催,プロジェクトマネジメント講座,2015年11月
 ・化学工学会SCE・Net主催,知の市場 社会を支える化学工業とその製品群
  2014年11月,2015年10月,2016年6月
 ・日本大学生産工学部主催,日本大学生産工学部応用化学特別講師,2014年2月
 ・分離技術会主催,第41回夏季研究討論会「水,資源,エネルギーと分離技術」2013年8月
 ・分離技術会主催,蒸留フォーラム2014 トラブルの未然防止とトラブルシューティング事例,2014年2月
 その他多数

著書・論文等実績

 分離技術会フェロー
  1. “シェール革命~経済動向から開発・生産・石油化学 (部分執筆),
   (株)エヌ・ティー・エス(2014年1月)
  2. “シェールガス・オイル掘削と添加剤~技術と市場~(部分執筆),
   シーエムシー出版(2013年11月)
  3. 幾島賢治,八木宏監修: “シェールガスの開発と化学プロセス(部分執筆),
   ファインケミカルシリーズ,シーエムシー出版(2013年7月)
  4. Japan DME Forum ed.: “DME Handbook Supplement,“, Japan DME Forum (JDF) (2011)
  5. 日本DMEフォーラム編:“DMEハンドブック追補(部分執筆)”,日本DMEフォーラム(2011年4月)
  6. 分離技術会編:“分離技術ハンドブック(部分執筆)”,(2010年2月)
  7. 分離技術会編:“分離技術シリーズ10,実用蒸留技術(部分執筆)”,分離技術会(2007)
  8. Japan DME Forum ed.: “DME Handbook(部分執筆)”, Japan DME Forum (JDF) (2007)
  その他多数執筆

技術のアドバイスが欲しいあなた! 技術アドバイザーをお考えの方!

  • お問い合わせはこちら
  • 技術アドバイザー登録

TEL. 06-7176-7888 平日9:00~18:00