技術アドバイザー紹介

食品開発・品質管理/食品分析/食品加工/食品保蔵

食品開発の技術コンサルタント

食品の開発、製造・加工、流通、保存中に起こる品質低下(酵素による影響、油脂の酸化、異臭発生、着色化など)の防止に関して技術、知見、経験などを多く保持している

技術士(農業部門)
農学博士(京都大学)
公害防止管理者(水質1種,大気1種,騒音)

経歴

 1970年 大手食品メーカー 入社
     ・研究部門にて商品開発,基礎研究
 2009年 同社退職
 2008年~2009年 京都栄養医療専門学校 非常勤講師
 2009年~2015年 大阪府立大学 産学官連携機構 総括コーディネータ
 2009年~2016年 関西福祉科学大学 健康福祉学部 非常勤講師
 2011年 技術士事務所 開業
 2016年 大阪樟蔭女子大学 健康栄養学部 非常勤講師

専門分野

 食品開発,品質管理,食品分析,食品加工,食品保蔵,
 食品の品質低下に関する防止技術(酵素による影響,油脂の酸化,異臭発生,着色化等)

セミナー・講演等実績

 【セミナー】
  ・京都府中小企業技術センター主催の平成25年度第3回食品・バイオ技術セミナー(2013年)
   「食品の製造・加工および流通時に原料中の酵素が関与する品質劣化とその防止」
  ・京都府中小企業技術センター主催の平成27年度第3回食品・バイオ技術セミナー(2016年)
   「製品を製造するときに生じる油脂の酸化劣化とトランス脂肪酸に係わる問題について」
 【講習会】
  ・テックデザイン主催 
   「油脂および食品中の油脂の非酵素的ならび酵素的な酸化劣化とその防止」(2012年)
   「食品原料中に含まれる酵素が関与する食品の品質劣化とその防止」(2013年)
 【講演会】
  ・日本経営工学関西支部主催(2012年)
   「食品の製造・加工、流通時に生じた品質低下に関与する原因およびその解決策」
  ・公益社団法人 日本技術士会 環境研究会主催(2015年)
   「食品のゼロエミッション化に向けて~食品の製造・加工・流通時に発生する品質設計
    から外れた製品による廃棄ロスを減らす~」
  ・日本食品・機械研究会(食品開発のための澱粉研究会)主催(2016年)
   「原材料中に含まれる酵素が関与した食品の品質劣化とその防止」

著書・論文等実績

 【査読付き論文】
  油化学:3報,日本農芸化学会誌:4報,
  Biosci.Biotech. Biochem :5報,Food Sci. Technol. Res.:1報
 【その他の論文】 5報
 【その他の学会口頭発表】2件

技術のアドバイスが欲しいあなた! 技術アドバイザーをお考えの方!

  • お問い合わせはこちら
  • 技術アドバイザー登録

TEL. 06-7176-7888 平日9:00~18:00